Qマットα(p41) コンクリート湿潤養生用マット

【使用例・用途】

「Qマット」は多くのコンクリート構造物に用いることができますが、特にダムやフーチング等のマスコンクリート構造物や橋梁スラブ等の水平面の養生に最適です。
その他、ダムの上下流面、アンカレイジ、ケーソン等のマスコンクリート構造物、カルバートボックスや各種構造物躯体等の都市構造物で、散水養生が困難な構造物の養生に効果的です。

【使用方法】

1.コンクリートを打設します。
2.通常、定期的な散水等によって湿潤養生を開始する時期になり次第、湿潤養生シートを敷設し、1回だけ散水を行います。次に、保温養生マットを、湿潤養生シート上に敷設します。
3.材齢28日程度までの養生期間であれば、当初の1回の散水のみで構造物表面の湿潤性を保つことができます。
ただし外気温が高い条件下や風の強い条件下では、構造物表面の湿潤性を適宣確認し、状況に応じて湿潤養生シートへの散水を行ってください。
4.ダムの上下流面等、型枠があり水平でない面に対しても、型枠脱型後、2.と同様の手順で養生が行えます。この際、保温養生マット下端にはカウンターウエイトを設置し、マットの構造物に対する密着性の確保に留意してください。
5.効果を最大限に発揮するために、養生期間はできる限り長く設定してください。


●保水量は約3000ml/㎡で、散水回数を減らすことができます。

●傾斜面での均一保水性に優れています。
●吸水スピードが早く、瞬時に吸水します。ポンピングの必要がありません。
●薄型軽量ですので輸送、保管が楽です。